どんな添加物がある?

Pocket

まず基本的に、野生で猫は植物をほとんど摂りません。猫草なる猫が好む植物も知られていますが、基本的には小動物や昆虫などを食べる肉食性です。そんな中において、肉以外は基本的に添加物であるといえます。代表的なものには、穀類やフルーツが挙げられます。

なぜこれらが含まれるのかというと、その理由には体調のコントロールが挙げられます。たとえば、クランベリーには利尿作用が、穀類には食物繊維がといった具合です。肉食だけでは補えない、健康に有効な栄養成分をサポートしている形です。ですがこれらは、あくまで体調に崩れが見られたときこそ必要なものであり、普段から常に欠かせないわけでもありません。そのため、上質なキャットフードは無添加であるといった考えが広まっているのです。

特に注目すべきは、穀類です。主には、小麦・大麦・玄米・米・トウモロコシを指します。人間でいうところのいわゆる主食ですが、肉食の猫にとってそこまで大切でもありません。キャットフードによっては、「食物繊維が腸内環境を向上させる」といった文言で勧められていることも少なくありません。ですが実際は、かさまし目的であることがほとんどです。費用は抑えられますが、基本的におすすめできるものでもありません。

無添加フードなら

添加物の中でも特に注視すべきである穀物ですが、これが入るといったいどのようなデメリットが懸念されるのでしょうか。かさましとはいえ、食物繊維であれば悪いものでもないように感じられます。ですが、実際はそうでもないのです。

たとえば、消化不良を起こす危険性です。肉食の猫の体は、そもそも植物由来のものの消化を得意としていません。消化器官全体が比較的短く、また細かく噛み砕けるような歯も持っていません。そんな中、消化されにくい穀物を多くしてしまうと、お腹を壊してしまう可能性がでてきます。

次に、アレルギーの心配です。そもそも食事として向いていない穀物は、個体によってアレルギーの原因ともなりかねません。無添加を推奨するキャットフードでも、特に多く掲げられている理由です。下痢や嘔吐、全身のかゆみなどを引き起こすかもしれません。

また、炭水化物でかさまししても、必要な栄養が効率的に摂取できなくなるため、結果的に肥満を後押しする要因ともなってしまいます。その点、無添加の肉が中心となったキャットフードなら、少量でも十分補えます。

無添加フードなら、このような各デメリットが抑えられるため、猫の健康を大きくサポートすることに繋げられます。近年は、分かりやすく「グレインフリー」と書かれていることも多いので、選ぶ基準にしておくと良いでしょう。

【関連リンク】キャットフード通販:ジャガー
できる限り自然のもので代用し、人工添加物不要と考えているサイトです。

キャットフードは素材

Pocket

みなさんは、家族の健康を考えるとき、どのような点を意識するでしょうか。手洗いうがいや睡眠、定期的なストレス発散も、もちろん重要です。ですが、直接的に健康が関係する部分といえば、やはり食事ではないでしょうか。体を作るための、人が生きる上での欠かせない作業です。家族のことを思って、調理にも素材にも、大いにこだわっている主婦の方も少なくないことでしょう。

では、ペットであればその点、疎かにしてもいいのかといえば、決してそうでもありません。特に、家族の一員として心から愛しながら育てている愛猫家からしてみれば、もはや人間と猫という種族の違いすら気にならないといったところでしょう。愛する人間の家族同様に、いつも健康的で元気にいて欲しいと願っていることでしょう。

こうした理由から、キャットフードにおいても素材からこだわって作られているものは多く展開されています。人の食事と同じレベルのものを与えたい、そんな思いから、それこそ人が口にしても美味しく感じられるような上質フードも見られるほどです。愛猫家からしてみれば、ありがたいラインナップに感じられます。

今回特集したのは、そんな健康志向の上質フードの中でも、無添加で作られたキャットフードです。素材に添加物を含まない餌は、健康面、そして猫が味わいを楽しむ上でも魅力的です。ぜひ無添加キャットフードの良さを理解して、いつもの食事に取り入れてあげてみてください。体も心も、きっと喜んでくれることでしょう。